「演劇 メイド 京都 コント」タグアーカイブ

天晴!ほろ酔い劇場 〜青春〜

ほろ酔い終わりました。

出演者は南乃もも、月島紫音、鹿島泉、木戸桜子でした。

今回はなんていうか、結構手応えあり!って感じです。

コント『青春探し』は本番で出来上がった感じがします。もちろんもっともっと磨き上げることは出来るのですが今の中ではベストな仕上がりではないでしょうか?お芝居はナマモノなので序盤見ている人に持って行かれそうになったんだけどだいぶ踏ん張ったね。そこから4人の世界を編み上げていくことが出来たと思いました。パーフェクト!とは言わないけど見せたいものは見せれたように思います。

それぞれで見るとももと紫音は良かったな。二人の熱唱もそうだし、トークも良かったね。鍛えられてるなと。

全体的に見てもミニなごろむという本来の求めていた形になってたと思う。やっとこれが出来るようになったのかと。

コント録画しとけば良かった…

今回のテーマ『青春』というものを考える。どちらかというと苦い思い出ばかりなんだよね。私の場合。あの時こうしておけば…とかなんであーしてしまったんだろうとか、後悔しかない。あとは恥の歴史ですよ。あれが青春なんてどうかしてるぜって。

でも青春には夢と希望に満ち溢れてるのも間違いではないなと。勘違いだとしてもあの時の自分は無敵だったような気がする。無敵なのに押さえつけられてるよくわからない状況だったような気がする。もしもあの抑圧を押し返すことが出来ていれば…で、うまいことしたヤツは結構成功してるね。

私も大概普通じゃない道のりでやってきたけど今の自分はキライじゃない。いろいろしんどいし逃げ出したいことは一杯あるけどキライじゃないんだよなあ。

チャレンジしたら成功と失敗はついてくるけど自分は好きになれたと思うのね。今回の大体の全体像が最後の全体曲なのね。いい歌だなと。古い歌だけど今回何度も噛み締めた。出演者の4人にとっては初めて聞いたくらいの歌だろうけどどう感じたんだろうか?あれは年を重ねたからわかることがあると思うんだよね。そしてちゃんと青春出来てたんじゃないかなって思えるんだ。

最後に今回楽しめたのはご来場いただいた方が多かったのもあります。狭くて見づらかったかも知れませんがご来場誠にありがとうございました。

6月のほろ酔い劇場はなごろむがあるので見送ります。7月のどこかで出来たらいいなと。だから6/11のなごろむライブパーティーはぜひぜひ参加して下さい!予約絶賛受付中!