ケチとはなんだ。

最近、ケチという言葉を考える時がある。

私の周りにはいろいろな人たちがいて毎日楽しく過ごしている。
これは本当にありがたいことです。感謝感謝。

サービス業って人からお金をいただいて成り立っている。
からお客様は神様ですなんてことを言う人がいる。

ま、そういう気持ちは大事だけど神様ではない。
同じ人間だし、お金をもらうけどもその分の商品を提供しようと頑張っている。

人によって価値観は違うし、同じものを見ても「高い!」と感じる人もいれば「安い!」と感じる人もいる。
これはもう仕方がないことだと思う。

で、高いとか安いを判断するのは何なんだろう?と考える。
これはその人の普段の生活に費やすお金の扱い方とか稼いでる金額とか周りの相場とかになるのかな。
普段自炊したりしている人にとって外食費はいくらくらいになるんだろう?お昼代500円とかでやっている人にとってはチャージとドリンク一杯で1500円っていうのは高く感じるのはわかる。

では相場としてはどうだろうか?
祇園の飲み屋さんでもピンからキリまであるけど一軒入ったらやはり3000円前後はかかるんじゃないの?女の子がいるところなら5000円くらいからかな?上はキリがないだろう。
しかし飲食店として比べられれば高いかもしれない。牛丼屋ならば500円で結構食べられる。
そもそもそこと比べるのは残念な気持ちにしかならない。

で、見てて思うのはお金を稼いている人は無駄遣いをしないなって思うのね。
お金を使う時のルールがあるなと。
それから考えると私はまったくたまらないなって思えたのでなんとかお金の使い方を矯正中なんだけどなかなか変わらない。

一応メモ書き程度にまとめてみる。
◎必要なものにしかお金を使わない
 基本的に流されない。ちゃんと必要かどうか考えるね。

◎使ったお金に責任と覚悟を持つ
 失敗しても損をしたとは考えない。自分で決めたことについて責任を持つ。愚痴らない。

まあとりあえずこれが基本かな。
まだ細かいこともあるけども。

何にせよ使う前に考えて、必要であれば惜しまない。
どうせいつか買うものなら早く買った方が時間を有効に使えることもある。
友達との遊興費とかを散財と考えてしまうと孤立してしまうことにもなりかねない。
一見無駄に思えることも実はいろんなことにつながっている。
投資はものを買うだけではない。

お金を稼いで残している人はそういった投資が非常に上手い。
見習いたいものだと思う。

ま、お金を使う以上に稼いでいるってケースもあるんだけどね。
それも見習いたいものだと思う。

ゴジラを観た

作業しながら流し見なんだけど第一作のゴジラを鑑賞。

映画の撮り方から歴史を感じます。
古いよね。白黒だし。

演出とかも大袈裟でイメージ先行というのかな、前のガラスが割れて水が入ってくるのに前にのけぞるとか、そんなところが印象的でした。

ゴジラは子どもの頃からよく見てたんだけどどうやら記憶違いのようでした。
見てたのはだいたいカラーだったし、このゴジラ一作目は印象が全然違う。

なんというかシリアスだもの。

演出は大袈裟なんだけど役者が真剣なの。
エキストラ一人一人にいたるまで目がね、すごく力強い。
うん、たぶん、この時代の人間が強いんじゃないかな。
ボンヤリしてないもん。
白黒ということもあるんだろうけど目力の強さはスゴいね。

あとテーマが重い。
水爆実験について、そしてさらなる兵器の扱いについてがこの映画のテーマというか
覚悟というか、だからゴジラはその象徴なんだろうな。

主役は人間だと思えたし、エンディングもハッピーエンドというか未来への警鐘を鳴らす作品だと思った。

戦後から間もない時に作られてるというのもあるんだろうな。

シン・ゴジラのベースがしっかりと感じられたのも確か。
もう話の流れはほぼ一緒だと思うんだ。
でも細部の作り込みがシン・ゴジラはスゴい。
この当時はこれが精一杯だったのかも知れないが現代でも庵野監督ほどの作り込みをやれる人がどれくらいいるのだろう?
どこかでこの辺でいいかなってなると思うんだけどシン・ゴジラは変態級だと思う。
庵野監督すごいなあ。

第一作目も次回作への期待を残し、ゴジラの逆襲が生まれた。
シン・ゴジラも次回作の期待を残してるのでシン・ゴジラの逆襲に期待してみよう。

なごろむvol.34 ヒーロー~せいぎのみかた~

お久しぶりの更新です。
さあ無事なごろむライブパーティーも終了しました。
今回は頑張ってチラシも配布したんだけど集客には繋がらなかったみたい。
残念っすわー。

さてお屋敷でお芝居をやり始めて何回目になるのだろう?
そして今回は3人でのお芝居。
いやー久しぶりなので緊張ですね。

そんな中で上演させていただいた「ヒーロー~せいぎのみかた~」
いかがでしたでしょうか?
ご来場いただいた皆さまよりお褒めもいただき感謝です。

今回の感想でもあったようにどこまでが台本でどこまでがアドリブかがわからなくなるように、
そうすることで舞台で起こったことをすべてライブ作品として見てもらいたいと思っています。

さて作品についてですが見てもらったのが全てというのが答えですがそれはそれで乱暴だなとも思うのは確かなことです。
今回作品を作りながら考えてたことを少しお話したいと思います。

私の子どもの頃はウルトラマンが大好きでした。
光の巨人ウルトラマンはまさに正義で街を破壊する怪獣を撃退したり、逃がしたりしていく姿を見ていました。
強さと優しさを教えてくれたというと大袈裟かも知れませんがあの時代の作品には正義も悪も結構緩かったと思います。

しかし段々とカッコ良さなどを追求する作品が増えてくると「正義なら何をやってもいい」というような作品が増えていったように思います。
だから私の幼少期にスッポリと抜けている作品群があるように思うのです。
これもちゃんとした悪じゃないと叩き潰せない時代に段々なっていったのじゃないかなと。
そうした勧善懲悪な作品が増えてくると、やはりアンチも出てくるもので、正義と悪の裏表を描くような作品も増えてくる。
今度は勧善懲悪が描きにくい時代に入って来てるんでしょうね。
そして正義と悪はもっともっと細分化し、正義の中の悪や、悪の中の正義など、
単純に正義を語ることすら危うい時代になってきてると思うのです。

お年寄りに席を譲って怒られたり、良かれと思ってやったのに相手に感謝はされない上に、怒られたりしたらどうなるか。
人と関わること自体をしなくなるのではないかと思うわけです。

それでもやっぱり正しいということはまだまだあると思うんです。
そしてみんなも正義に期待しているのではないかと思うんです。
そう思うひとつがヒーローです。

こんな時代になってもあちらこちらでヒーローは生み出されます。
ニューヒーローは毎年どこかで生まれているんです。
これは昔からそうなんだけど、昔とは少し変わってるところがあります。
昔は自分たちの日常とどこか繋がっている憧れの存在だったヒーローだけど、現代では別世界のお話、諦めの存在になっているんじゃないかって。

あとね悪ってのはだいたい貧困から起こると思うんだ。
生きるための手段ってのかな。選択肢が少なくなるんだろうね。
まあそういうのももっと色濃く描きたかったんだけどね。

子どもの頃にヒーローに憧れていた自分が少なからずいたことを思い出した時に、今の自分はヒーローになれているのか?
そんな問いに答えようとした時に悲しい答えしか出てこない。
そもそもヒーローになんてなれるか?
いや、違うな。子どもの頃のヒーローってそんな超人ではなく警察官や先生といった社会に役立つ人たちじゃなかったのか?

自分もそろそろ人生の折り返しに入ったと思うし、同じ年頃の人たちにもまだまだヒーローを諦めたくない、諦めて欲しくないと思ってこの作品を書きました。
だからみんなチャンスはまだまだあるよって思って欲しかったのね。

エンディングまで書いて副題をつけた。
もう見てくれた人なら、副題の意味もわかってもらえたんじゃないかなと。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございます。
作品を観てくれたみなさまも本当にありがとうございます。
次回は9月末か10月頭です。
また日程が決まりましたらお知らせします。
多くの来場者がありますように。
みんなに幸アレ!

祝!八周年

とうとうお屋敷も八周年を迎えました。
今まではあっという間な感じもしてたけどさすがに結構頑張ってるんじゃないか?って気持ちになりますね。
うん。

で、さすがに八年もやってるとちょっと色々と考えないといけないことがあるなって思う。
お屋敷の売上だけでやっていけるのかどうか?
まあ正直そんな儲かってるわけではない。
逆に儲かってるメイドカフェってどんなけあるんだろうって思う。

だからこそプラスアルファで頑張っていかないといけない。
そもそもイベントで頑張らないといけないんだ。
去年からお芝居とかね頑張ろうとしてるんだけどやっぱりコスパを考えるとしんどいな。
練習やらなんやらで負担が多い。
っていうかこういうことにコスパってのは考えちゃいかんのだとも思う。

で、最近冷静に考えると自分の頭の中って昭和脳なんだなって思うの。
しかもバブル期。
バブル前の人は足を使って動き回るんだけど、バブル期は動かないね。
バブル後も動かないんだけど平成期は商売のあり方自体が変わってきてると思うのね。
だから自分の頭の中も切り替えていかないといけないなって本当に思う。

とりあえずイベントは頑張っていきたいと思うのでいろいろと誘ってください。
会社の小さなイベント、地蔵盆とか小さな会みたいなところの出演や企画やなんやらからお手伝いします!
お仕事ください。

一緒にイベントを!という方も待ってます!

ということで心機一転がんばろーっと