優しさとは

なんか流行ってるみたいで質問されたので考えてみた。

もういいおっさんなのでいろいろ包括してシンプルにいうと

優しさとは『人の嫌がることをしないこと』ではないかと思う。

いやいろいろあるよ。もう少し加えるなら『相手を思いやる気持ち』ということなんだろうけど『思いやり』とは?とかいろいろひっくるめて『人の嫌がることをしないこと』と言っておこうかというところです。

で、例えば人が間違った道、そちらは行くと痛い目に遭うことを知ってる、しかし本人はその道を進みたいと言う。どうすることが優しい答えなのかを考えた時に見守ることが一番優しいのではないかと思う。

私は優しい人間ではないので『行ったらアカン!』と言うだろうね。

ただ言うのは大事に思える人だけ。誰彼問わずではない。

相手が望んでいない答えを出すと喧嘩になるから。別に誰かと喧嘩したいわけではない。

大事に思える人だからいろいろ言いたくなる。好意を持って自分の意見を押し付ける行動をお節介と言うのだと思う。

誰かを傷付けずに生きるのは難しいわけで、誰かが我を通せばどこかで誰かが困るように世の中出来てるように思う。

だからほどほどにやることが大事なんだろうな。

優しさというのは包容力・寛容力・忍耐力。

誰かが通した影響をグッと受け止める。人の嫌がることを率先してやり遂げる。自分を後回しにしてでも人のことを優先できる。

そういったことが出来る人が優しい人と言えるのではないだろうか。

だから優れていると書くのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です