素敵な10周年

先日『K+の日』というイベントが開催されました。
これはお屋敷の最初の第一歩が刻まれた日を記念して行われました。

第一歩を踏み出してもう10年経ったんです。
早いね。
そしてその10年を振り返る「10年史」なるものを編纂いたしました。
そりゃあ振り返った振り返った。

初めはね結構メイドも多かった。
例えば3人入ってきたらちゃんと3人が残るのが初期の頃。
それが3人のうち1人がすぐ辞める時代があって、3人のうち2人がすぐ辞める時代になって、3人全員残らないなんて時代に突入したりもあった。
どうせ辞めるんでしょ?ってスタンスの頃はもうひどかったなあ。

いろんな人と出会い、そして別れ。
別れ方もさまざまで、一方的な別れもあれば音信不通もあったし、喧嘩別れもなくはない。
そんなことを振り返っていたらIFを考えてしまうよね。
あの時、もっとこうしておけばまた違う未来が待っていたんじゃないかって。

でも決して過去に戻りたいとは思わないんだけどね。もう同じ道のりは歩きたくない。
今がたぶん上々です。

そのIFの中でも内の基盤が弱かったから受け止め切れなかったというケースもある。
今はなんなら社員登用がしっかりと出来る体制になってきてるので受け止めてあげられるようになった。
これ大事だよなあって思う。
メイドの正社員とか秋葉原とかはあるのかしら?うちは可能だよ。
うちはなんならお婆ちゃんメイドとかいてもいいんじゃないかって思ってるところもあるんよね。
当然人柄によるけども。
男の子でも綺麗ならいいとも思うし。
寛容さは身につけたような気はする。

そしてイベントにはたくさんのプレミアム会員さまがお帰りしてくれた。
ありがたい。
うちは一年の中でも日付で開催されるイベントって結構ある。
その中でも一番大事にしているイベントだったりもする。
その時を一緒に過ごせるってのは本当にありがたい。
そうね、ここに顔を出してくれる人が今、お屋敷とちゃんと関係を作れている人たちであることは間違いない。
大事にしなきゃって本当に思う。うん、思ってるよ。大丈夫、たぶん思ってるって。思ってると思うけどなあ。
そうそう前日わざわざ来てくれる人もいたよね。

そしてディナー!
この日の料理は毎年採算度外視の料理になります。
すごい量作ってたで。
普通のディナーショウでは出来ないことばかり。
メインがまさかのカレー。これがいろんな意味から普通のディナーでは出来ない。
ライスなくても満足できたのもなかなかですわ。

今年は歌なんか歌わしてもらいまして…お耳汚しで申し訳ない。
過去を悔やみつつも、同じ轍は踏まないようにしたいなと思いました。

いろいろと差し入れをいただきありがとうございました。
最近ではイベントによっては飲食物の差し入れもだいぶ緩和してきているところですが、基本的に差し入れということなので後ほどスタッフ内で美味しく頂戴させていただいております。
その場で一緒に飲食をしたいという形の差し入れはやはり飲食店ではありますので一定のご理解をいただきたいところではあります。ましてや調理を必要とするものの提供はまず無理です。
お気持ちは大変ありがたく頂戴し、スタッフで美味しくいただきました。本当にありがとうございます。

みんなが笑ってくれていたと思うのでとても楽しく過ごせました。
本当に、本当にありがとうございました。
もうしばらくは頑張っていきたいと思います。
いろいろと注文が多いお屋敷ではありますがこれからも末永いお付き合いをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です