なごろむライブパーティーvol.41 ~プリンセスももを救い出せ~

もうすでに記憶が溶けかかっているので書かねばと思い筆を執ります。まあキーボードですけどね。
今回のなごろむはなんとtRPG!
まさかの全身を使ってのtRPGでした。
それでは旅を振り返ってみたいと思います。

————————————————-

暗い地下通路。
水滴の音が響く。

まさ「ここでいいんですかね」
ズブロッカ「たしかにここだと」

タナンハルト「まだつかぬのか」
KK「いや、この辺みたいですよ」

シマニオン「ここら辺だよね」
鯖ヲ「…」

まあち「こっちだー」
ふみお「いや、こっちじゃない」

8人「あ…」

8人が大広間で顔を合わす。
その時どこからともなく声が聞こえ、天井に映像が浮かび上がる。

MF「ようこそ、わが迷宮へ。わが名はマスターフェアリー。貴様らの探しているプリンセスももはこの迷宮に捕らえてある」
もも「きゃーたーすけてー」
MF「助けたくばここまでたどり着くことだ。しかしそう簡単には通さぬ、出でよダークフェアリー」
DF「はっ」
MF「ダークエンジェル」
DA「はっ」
MF「こやつらをせいぜいかわいがってやれ」
DF・DA「はっ」
MF「それではお前たちがどこまで来れるか見せてもらおう」

映像は消え門が開き8人の前に新たな道と3枚の地図が現れた。

まさ「じゃあいきましょうか」
KK「では我々はこちらから」
タナンハルト「よし」

…ぜんぜんまとまる気がない8人であった。

そして、とりあえず自己紹介が行われた

まあち「どうも魔法使いまあちです。」
ふみお「えー盗賊ふみおです」
シマニオン「僧侶をやっているシマニオンです」
鯖ヲ「魔法使いの鯖ヲです」
ズブロッカ「戦士のズブロッカ・ドラなんたら・ドラかんたらです」
まさ「あ、盗賊のまさです」
KK「盗賊をやっているKKです」
タナンハルト「我輩はタナンハルト・フォン・マッサンバッハである。貴族である」
KK「タナンハルトさま、貴族は職業ではありません」
タナンハルト「ん、戦士である」

まさ「とりあえず最初はみんなで26へ行きませんか?」
26で待ち構えるものそこには料理長からの問題が出された。
みんなでとりかかる一行。
ズブロッカ「これはこっちではないですか?」
シマニオン「こっちですか?こっちじゃないですか?」
鯖ヲ「こっち…」
KK「こっちじゃないかなあ」
まあち「こっちだと思うけどなあ」
まさ「そっちにしますか?」
ふみお「…」
タナンハルト「わからん!早く答えよ」

クリアならず…
まさかの序盤でライフを削られる一行

ズブロッカ「ではここからどうやってこの中へ入っていくかですね」
まあち「ではふみお、シマニオン、鯖ヲと4人でパーティーを組んで25へ進むことにします。」
ズブロッカ「そうですか、では…」
KK「三方向に分かれるんですよね?私とタナンハルトさまでこの22へ進むようにします。」
ズブロッカ「なるほど」
まさ「では二人で27ですか」
ズブロッカ「そうなりますか」

タナンハルト「それ、行くぞ」
KK「はいはい」
まさ「あ、もう行く」

KK「ふええ」
ズブロッカ「どうかしましたか」
KK「この先に壁があって人数を揃えていかないと突破できないようなんです。」
タナンハルト「よし!姫は諦めて帰ろう!」
まさ「では我々を加わって4人で向かいましょう」

ということで
まあち、ふみお、シマニオン、鯖ヲのチームは25⇒2を目指すルートを選択
タナンハルト、KK、ズブロッカ、まさは22⇒8を目指すルートを選択

まあち、ふみお、シマニオン、鯖ヲのチームは戦いながら7へ進んだ。
DA「よくぞここまで来た。ここは私が相手よ。お前たちが助け出そうとしているプリンセスももに関する問題をここでは出す!これが答えられないような奴らに姫を救い出す資格などないわ!」
ふみお、シマニオン、鯖ヲは焦った

まあち「ここは私が…」
DA「行くぞ!」
まあち「でやあ!」
DA「全問…正解だと?!ぐわあああ」
シマニオン「すごい」
まあち「いやあまぐれですよ」

倒れこんだダークエンジェルの体が光り輝き始めた。

シマニオン「これは…

中から出てきたのは僧侶もも

もも「助けてくれてありがとう。私はマスターフェアリーによりダークエンジェルに変えられていました。私も一緒に戦います。」

僧侶ももが仲間になった。

シマニオン「どうします?このまま4を目指しますか?」
まあち「みんなと合流しなくていいですか?」
シマニオン「回り道することになるし、4を抜ければ合流できるから。」

5人は4を目指す
一方…

まさ「どうします?4へいきますか?」
ズブロッカ「向こうのチームがあっちを回っているので我々は12から回り込みませんか?」
KK「あーいいですね」
タナンハルト「どこでもよい、早く進まんか!」

4人が回りこんで進むとDFが現れた。
DF「ようこそボクのテリトリーへ。ここから先はボクを倒さないと進ませないよ。」
立ちふさがるダークフェアリー。

DF「ボクとの対決は知識勝負。物をよく知っている人が代表で戦ってね。」
まさ「誰が出ます?」
タナンハルト「ほら、早く誰か出て!」
ズブロッカ「ジャンルによりますよね」
まさ「そうなんですよね」
DF「偏ってます」
ズブロッカ「あの人の出す問題は厳しいかもしれない」
タナンハルト「ほら、はよ」
KK「では私が」
DF「やっと決まったか?では行くぞ!」

まさ「めっちゃ速い」
DF「まさかそんなに簡単に勝つとは」
KK「まぐれっす」

DFは倒れこんだ。
そしてダークフェアリーの体が光り輝いた。
Key「私は魔法使いKey。マスターフェアリーにダークフェアリーに変えられていました。私もマスターフェアリーを倒すお供をさせてください。」

魔法使いKeyが仲間になった。

シマニオン「ここが4。このマークがあるということは…」
MF「よくぞここまでたどり着いた。ではご褒美に私が自らお前たちを倒してやろう」
MF「なあに簡単なこと。このレースに勝てばいい。行くぞ!」

もも「なにあれ?」
まあち「まったく勝てる気がしない」
MF「ふはははは、出直してくるがいい!」

まあち「どうします?」
ふみお「俺、まわろうか?」
まあち「まだまわっていないところがいくつかあるのでそこを盗賊に回ってもらえばいいんじゃない?」
シマニオン「じゃあ盗賊にいってもらいましょう。」
まあち「我々はいかないんですか?」
シマニオン「我々の足では時間がかかる。ここは向こうのチームが動くのを待ちましょう」
まあち「向こうのチームの状況を聞いてここへ戻ってきてくれ」
ふみお「わかった。ここの行ってないところへ行って、向こうのチームに合流して戻ってきたらいいのね。OK任せて」
シマニオン「待って、こちらが集めたキーワードを向こうのチームへ渡してきて」
ふみお「OK」

ふみおは勢いよく飛び出した
一方

MF「ほう、また違うのがきたか。しかしここは通さん!」

タナンハルト「あんなん無理やん」
KK「ちょっと厳しいですね」
まさ「みんなで挟み込んで勝つとかどうですか?」
ズブロッカ「そんな卑怯な」
タナンハルト「勝てばええねん!勝負は勝てばええねん!」
ズブロッカ「向こうのチームとの合流をしたいけど今、どこにいるのか」

ふみお「さらにふたつキーワード見つけたけど…俺どこへ行ったらよかったんやろ?

ふみおは地図を持ってなかった…

シマニオン「どうやら向こうもマスターフェアリーを倒せずにいるようですね。
まあち「ここはこっちに回り込んで合流した方がいいのでは?」
シマニオン「いや、ここはマスターフェアリーに攻撃を繰り返しましょう。ライフならまだありますし、マスターフェアリーがミスを犯すということもあります。ここは繰り返し攻めましょう。」

MF「何度やろうとも同じこと、蹴散らしてやる」

その時、光の声がささやいた

シオンヌ「私も…一緒に…」

MF「ん?なんだ…動かん…動かんではないかああああ!」
もも「え?なんかマスターフェアリーの様子がおかしい」
シマニオン「トップを走るのは…まあち!」
もも、シマニオン「いっけえええええ」

MF「まさか、私が敗れるとは…ぐわあああああああ」

ズブロッカ「まさかマスターフェアリーを倒せるとは」
タナンハルト「見せ場をくれてやったわ」
まあち「まぐれっす」
まさ「どうします?これから」
シマニオン「うちの盗賊が伝令にむかったのですが」
KK「見てないですね」
まあち「どこへいったのか?」

ふみお「誰もこない…どこかわからん」

ズブロッカ「残りの行ってないところを潰しますか?」
まさ「そうですね。ゴールはいつでもいけますからね」
シマニオン「では引き続き同じメンバーで行ってないところを潰しましょう」

シマニオン一行は4から5方面へ
ズブロッカ一行は4から8方面へ

ふみお「誰か来るかな。しかし誰も来ないなあ。なんかさっき大きな音したなあ。ちょっとお動いてみようかな」

まさ「あ、あれは…」
ズブロッカ「向こうに居た盗賊じゃないか」
KK「向こうへ行きましたね」
ズブロッカ「向こう行ってみますか」
タナンハルト「ZZZ…」

ふみお「今、だれかいたような。あ、おーい、ここにいるよー」

KK「今、何かいたような気がしますね」
ズブロッカ「戻りますか?」
まさ「まあ大丈夫でしょ?一人で頑張りますよ。きっと」
タナンハルト「ZZZ…」
シマニオン「あ、出会いましたね」
まあち「何も変わったことありませんでした?」
まさ「ありませんでした」
まあち「うちの盗賊見ませんでした?」
まさ「居たような気もしますが大丈夫ですよ」
シマニオン「ではあと行ってないのはここですね。我々は26、18を見て1へ向かいます」
まさ「じゃあ僕たちは先に1へ向かいましょう。」

1へ向かった一行
まさ「ここは…」
ズブロッカ「なんとも綺麗なところですな」
ふみお「あ!やっときた!」
まさ「あ」
ふみお「さっき無視したでしょ?」
まさ「してないですよ」

声「よくぞここまでたどり着きました。集めたキーワードから扉の鍵を開ける呪文を唱えなさい。さすれば扉は開かれることでしょう」

KK「呪文?」
ふみお「あ、キーワード持ってる。はい」
ズブロッカ「あ、知らないキーワードもある」
まさ「わからない」
シマニオン「おお、なんと美しい広間だ」
ズブロッカ「どうでした?」
まあち「すでに誰かが到着してたようです」
ふみお「それ、おれ」
まあち「おー!無事だったか!」
ふみお「え?何?おれ求められてる?」
まさ「どうでもいいからキーワード解いて」
もも「なんやろ?魔法使いの能力でなんかわからんの?」
ズブロッカ「魔法使い?」
まあち「はい!」
鯖ヲ「はい…」
Key「おれも」
まあち「じゃあ奥義を使います」

そうするとキーワードたちは整列し始めた。

Key「わかった!」

そういうと呪文を詠唱し始めた。

Key「みんなも」
一同「!!!!!」

ゆっくりと門が開かれる

タナンハルト「姫!私が助けに参りましたぞ!姫はいずこ!」
KK「誰もいませんね」
シマニオン「いったいどうなっているのでしょう?」
もも「…うっ」
ふみお「どうかしたん?」

ももはしゃがみこみ、苦しそうにしている
そして光が彼女を包み込んだ

もも「皆さん、ありがとうございます。私がプリンセスももです。今、すべてを思い出しました。皆さんの活躍に感謝します!」

Congratulations!

こうしてすべての記憶を取り戻したプリンセスももは救出されたのでした。

しかし…
MF「うぐぐぐ、このままでは終わらん、終わらさぬぞ!」

To Be Continued

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です