髪の毛の薄い人にハゲっていじれなくなったら終わり

ちょっと気になったので何でもない時に書いておこう。
なんかあった時に書くと傷付く人も出るからね。
だから何もないです。詮索不要

さて表題の「髪の毛の薄い人にハゲっていじれなくなったら終わり」ですが意訳しますと、
『デリケートな問題に踏み込めなくなったら終わり』ということですね。

私の個人見解ですがデリケートな問題って誰しもひとつやふたつやそれ以上はあるもんです。
そこは触らないでってことね。

もちろん私自身にもあります。
触ってくれるなというところね。

でも極力そんなものはなくした方がいいと思ってる。
その方が楽しいから。
何でもいい合えるってのは素敵なもんですよ。

でも触ってくれるなってことには何種類かある。
・個人的なこと
 ⇒家庭とか家族とか
 ⇒身体的・能力的なこととか
 ⇒職業・収入とか
 ⇒恋愛・友人・交友関係とか
 ⇒トラウマ・精神的な悩みとか

あー書いててキリがなくなってきた。
言い出したらキリがないんです。
で、本当に言いたくないことってどこですか?って話なんですよね。

私はいろんなことを秘密にしながら生きてきたところがあって将来の夢としてちゃんと名乗れる人になりたいと思っています。
言えないことが多いと面白くない、しんどいんです。
相談出来る人なんてのはそうそう居ませんよね。
だからジッと自分の中に抱えるしかないんです。

まあそれによって学ぶこともありますよ。
でも自分のことをペラペラ話せる人のなんとも羨ましいことか。
心に影がないというかすごいいい環境で育ったんだろうなって思う
でも人間としての魅力は少し影がある方が信用できると思っちゃうんですよね。
あまりにも影がないと信用できないというのが影を持つ人間の悪いところですね。

基本的に私はデリケートな人にとっては優しくないかもしれません。
意地の悪い人間なんだと思います。
私の価値観で申し訳ないけども、意地を張ってる人や、コンプレックスを持ってる人を見た時にもう少し楽な生き方があるんじゃないかって口出ししたりしちゃう。

そのひとつの基準が『髪の毛の薄い人にハゲっていじれるかどうか』というようなことなんです。
薄毛を気にしてるのはわかる。でもそれに触れても大丈夫?って思いながら少しずつ触れてみる。
で、触れても大丈夫って人は結構絡める人なので仲良くなれる。面白い!ってなるね。
最近発見したね。そういう逸材。
しかも言ったことをドンドン吸収していってくれるからアドバイスのし甲斐もある。

逆に触って萎縮されるとね、もう触らないでおこうってなるね。
かわいそうオーラが出ちゃうともう末期というか何も話せなくなってしまう。
難しいよね。その人のことを思うからこそ気になるんだもんね。
結局孤立してお互い残念なことになってしまうと思うんだけどね。

たぶんどちらも髪の薄い人にとってはしんどいんだろうな。
どっちにしても薄毛は改善されないんだろうし。
でも「せやねん、薄いねん」って言えるのは受け入れてるということなんだろうなって思う。
自分の中でちゃんと消化できているというかね。
そういう人は強いよ。
受け入れてない人は触れられると怒るし、悲しむ。
まだ希望を持っているというか受け入れられてないんだろうな。
受け入れる過程なら待ちたいと思うんだけどね。
何も出来ずにいる人には何か言いたくなっちゃうのよ。ごめんね。

思ってることを言い合える関係は素敵だと思ってる。
でも何でもかんでも言えばいいということではないと思う。
言わなくてもわかる関係が上位だと思う。
でも「これは言うな」ということがあるのはやはりマイナスなんだと思う。
「触って欲しくない」ことを知っている
でも「なんとかしてあげたい」と思うことは悪いことじゃないと思うんだ。
それでもうまくいかないんだよな。

まあそんなことをね人生の中で何度も繰り返してきてるわけなんですが、
どうも最近は「触ってほしくないなら別にいいよ」って思う気持ちも出てきてて、そうなると急速にどうでもいい人になっていくんだよね。
これはたぶん老いからくる関心の薄れなのかなあ。
逆に感謝することとか自分のことをかまってくれる人に対しての気持ちも深くなったようには思う。
ありがとうねえと思う気持ちが強いなあ。

やっぱり人間一人では生きていけねえなあと。
だからこそ秘密はあんまり持ちたくないねえ。
0ってのは面白くないから、そうねえ10個くらいにしておこうか。
隠す必要のないことは晒していきたいねえ。
なんだこいつつまらねえなとは思われたくないもの。
でもそもそも恥ずかしがりなので難しいんだけどね。
自分が思ってるほど隠し立てすることではないってわかってるつもりなんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です