会社化計画①~法務局へ行ってきた~

ということで、法人化を目指す!

さて何からしたものか?実際ここからのスタート。この段階で知ってる情報は

・会社は1円から作れる。しかし何やらかかって30万近くはかかるらしい

・税務関係が面倒くさい。個人では無理かも

それくらいかな。あとはちょっと勉強して最初に作らないといけない書類が11種類あるらしい。

ふうむ。さて何から手をつけたものか?

法務局で無料相談を行っているらしい。よし!それだ!

ということで法務局へ電話。

『まったく一から何をしていいのかわからなくて話を聞きたいんですけども』

『あ、大丈夫ですよ。では相談日の予約を入れますね』

『(あ、予約必要なんだ)あ、そうですかではこの日で…』

ということで荒神口にある京都地方法務局へ。初めてですね。前は通ったことあるんだけどね。

中へ入る。この役所感。なんだろうね。ふむ、二階か。

二階は会社関係と不動産関係…あ、昔、不動産の仕事してる時に法務局に通ってたことあったな。京都じゃないけどな。

椅子の座り心地がよい。低反発?いいね。しかし予定より早く着いたようだ。

誰も居なさげなので受け付けで聞いてみる。予約はちゃんと入ってた。良かった。前の人がいるので終わってから…あ、居た。

なるほど時間が来ないと呼ばれないタイプのヤツね。来てるからチャッチャとこなすとかではないと。

とりあえず椅子で待つ。すると時間前に始まることになった。前の人はすぐに終わったらしい。

あら?呼ばれるのね。

で、どうぞと席に案内されるとスーツをガッチリ着た男性が席に座ってる。

ふむ。真面目な雰囲気ですね。

『よろしくお願いします』

と言ってから沈黙。

あ、やっぱりこっちから話しかけないとダメなのかしら?

『えーとまったく何も決まってないんですが…』

『はい』

やはり沈黙。あ、やはりもう少し具体的なこと言わないといけないのかしらねえ。えーと

『K+companyという会社を作りたいんですが』

『この+は使えませんね』

なんですとー!早々にピンチを迎えました。会社に使える記号は6種類しかないと。マジか。どうしよう、名前…

『あと登記でミスがあるとまた印紙を買わないといけないと聞いたんですけども』

『ミスにもよりますが修正で済ませることも出来ますよ』

よっぽどデタラメでなければ修正対応できるらしい。良かった。パソコン組んだ時みたいにミスったら終わりかと思ってた。

あと申請書があるわけではなく自分で作るらしいですよ。

それくらいのことを聞いて再び沈黙。

間が持たなくなったので帰ることにした。

とにかく失敗してもなんとかなるというとがわかった。俄然ヤル気が沸いてきた。書式は法務局のHPにあるのでそれを書き換えれば一応の形は出来るというわけだ。

というわけで法務局でもらったヤル気で書き換えてみよう!

(②へ続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です