東京行

久しぶりに首都東京へ行ってきた。
観劇のためである。

まあ観劇のためだけに東京というとかなりハードルが高いのでいろんなことを詰め込みたくなるのが貧乏性というか…
ということで昔の職場へ新年の挨拶も兼ねてきた。

さて東京へ行く。
となるとどうやっていくのかが大事になってくる。
飛行機?電車?バス?車?
まあこの辺ですわな。
単純に予算の問題から私は車一択でした。
人数乗れば車が一番安い!
しかし一緒にと思っていた人と日程が合わない。
さてどうしたものか?

年を取るというのは怖いもので一度インプットした思い込みは消えないんですね。
だから結局二人で行くとなっても車という選択肢の方が安いとなったんですよ。
で、車で行くなら6時間は最低かかるわけだし、夜の高速の方が空いているし、深夜割引とかもあったような気がするし、という思い込みや何やらを詰め込んでいざ東京へ。

車で動き始めてからいろいろと検索しだすのも悪い癖なんだけど、
新幹線で東京まで13000円くらい。往復で26000円。これも割引とか金券ショップとかでもう少し安くなるよな。二人だと倍の52000円とする。
車だと高速代が10000円くらい。往復で倍20000円。今回はレンタカーを借りたので20000円くらい。40000円くらい。12000円お得ね。
いや、待てよ、ガソリン代が加わるな。10000円くらいか。となるとお得なのは2000円?
新幹線だと2時間くらいで着くんじゃないか?なのに最低6時間かかって2000円しか得にならないの?これはリスキーな選択をしたと思ったのが東インターを乗る直前くらいかな。

出発は木曜日の2時。水曜日クローズ後に出るプラン。
もう歳なので6時間みんながかかるなら私は10時間は見ておこうとなりました。
京都東インターから新名神→東名阪道→伊勢湾岸道路→新東名→東名というルートで東京へ。
もうナビが馬鹿で途中ハラハラ。
結局都内に入ったのが15時くらい。13時間かかった。ヤバイ。

宿も府中で安いホテルを予約した。
二人で泊まれますということで取ったホテルがシングルベッドひとつ置いてある部屋で焦る。
車で運転して疲れきってるのにそれは絶対無いということでベッド二つの部屋へ追加料金を支払って移動。

府中って昔、住んでたんですよ。
懐かしくって…と思ったらまったく面影がない。
当時住んでたところは発見したけどもう全然違う街。
駅なんか昔の5倍くらいの大きさになったんじゃないかって思うくらいにビル化してた。
そんな府中で当時食べたことのあるラーメン屋に出会い夕食。
その後はホテルに帰って即効落ちた。

翌日は昔勤めてた職場へ顔を出す。
家族経営的なところで快適に過ごさせてもらった。
当時のメンバーはだいたい残ってる。
それが東東京だから車で移動しようと思ってたんだけど芝居に遅刻してもイヤなので電車で移動。
東京は電車が便利でよいね。
東京に行くたびに顔は出してるのかな。そして買い物をしていざ芝居へ。

芝居は、まあそうね。
こんな感じよねって感じ。
でもお目当ての人が元気そうで何よりでした。
ってか知ってる人に出会ったよ。
後から聞いたけど京都勢多かったんじゃない?

芝居が終わって即効帰途へ!
行きで13時間だからね。
21時過ぎに東京を出る。
とにかくおなかが空いたので東名に乗って海老名で…そうそう崎陽軒はなくなったんだよなあ。
豚マンないのか!?シュウマイも!
店が閉まってる!ショック!
それでも開いてるフードコートで食事。
食事をすれば眠くなる。当然。摂理。
行きと同じルートを辿りながら京都を目指す。

静岡も昼間ならガンダムがぁ…
そういや今新東名で制限速度を110kmに上げての施行期間中なのね。
110kmって結構しんどい。意識的に踏み込まないといけないので疲れる。
でも速い!感覚が麻痺する。ちょっと怖い。

新東名は走りやすい。SAもいい間隔であるし道はきれいで広い。
豊田からの伊勢湾岸道、東名阪道がしんどいな。休めるところが少ないし、ちょうど明け方になってきて車の交通量も増えてるのにかなりの睡魔に襲われるという瀕死の戦いをしてきた。
なんだかんだで京都についたのは11時。うんやはり13時間だな。
もうボロボロで夕方まで寝た。

まあその日の夜がイカフェスだったということで疲労は火曜日まで続いたとさ

「東京行」への2件のフィードバック

  1. 大妖精さま。

    先日は遠いところからお越しいただき、まことにありがとうございました。

    公開リハーサルを行えたおかげで、翌日の本番も大きなトラブルなく進行することができ、千秋楽まで無事にやりとげることができました。

    寄付金も多く集まり、チャリティー公演としてもなんとか形になりました。

    また関西に戻った際は、お屋敷にお邪魔させてください。

    1. それは何よりでした。
      ではまたお会いした時にお話しできればですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です