K+寄席

毎年恒例といってもいいと思うイベントも無事終了。

内容的なことに関しては2人だけだとボリューム的に心配だったので私も前座として参加。
大妖精『運の尽き』
もも『つる』
紫音『初天神』

紫音の初天神は何度かの出し物。
だからこそ磨きをかけていかないといけない。
本質的な話にもっと重点をおいていくといいのかも知れないね。
おかずはそんなに求めてないというかね。

もものつるは
初めての挑戦。
なんというか新鮮。
まくらの部分が長編。
弟への愛の宣伝。

そして私の前座は思った以上にしっかりしてたといわれました。
そしてずーっと下ネタじゃないかと。
否定はしない

なんというか少し?ちょっと?不満に思うのは人の入りかなと。
あんまり興味ないのかなあ。
頑張ったんだけどなあ。

いやね、落語ってすごいと思うんですよね。
一人で、しかもしゃべりだけで世界を作っていく。
見る方にもそれなりの教養なり知識なりを求めるところもあるけども面白いものだと思ってる。
だから頑張っていきたいなあとは思うんだけど、なあ

今日もめっちゃ少ないというわけでもないんだけど
たまたま来てた人も笑ってくれてたんだけども
うーん。

うーん
やりたいことと求められてることとのギャップっていうのかな
なんか申し訳ないな
うーん
イベントのジレンマだなあ。

落語やるって言って「見たい!」と思わせられないのは力不足なわけで
見に来た人には次回も「見たい!」と思わせないとダメなんだろうな。
それの繰り返しで観客を増やしていかないと。
うーん。
うーん。
頑張ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です