九周年

今日はK+の日です。

それは旧K+から移転した時にK+のオープン日をそう呼ぶことにしたからです。

2008年6月1日にK+はオープンしました。そのオープン日も親しい人を集めてひっそりと行われました。そのこともあってか以後6/1はクローズドイベントして行われることになったという(民○書房発行『K+の噂100』より)

まあそんなわけでオープンから9年経ちました。不思議なもので毎年のことなんだけど心境の変化というものはあります。

ここにたどり着くまでの道のりは過酷でした。そして別に今が楽になったわけでもなくまだまだ過酷です。

むしろ昔の方がもっと気楽だった。いつでも辞めればいいと思ってたから。まあ今も思ってたりするんだけど重みが違う。この場所を大事に思っててくれる人が居ると感じるから。とはいえダメになったら辞めるしかないんだけどね。

あの時始めてなければやはり今は無いわけで、人との繋がりってのは面白いなって、本当に思います。例えばここがなくなったら果たして今の皆さんとの関係は終わりを迎えるのだろうか?いろんなことを夢想した時にやはりK+-sora-という場所がみんなをつなぎとめてくれているんだと実感します。

私もバカだからついつい当たり前にあるものだと錯覚してしまう時が往々にしてある。例えば今がこれからも続くのではないかとか、人と会ってなくても関係が変わらず続くのではないかとか、いつまでも若く健康でいられるのではないかとか、当たり前に考えてしまう。でもそうじゃなかった。9年経ったんですね。昔よりも夜が弱くなったしエネルギッシュでもなくなってきた。味付けの好みも変わってきたし色んなことに少し寛容になったような気がします。

やっぱり変わっていくもんなんですよね。だからこそ今しか出来ないことを大切にしたいと思います。

幸せは望まないと叶わないんじゃないかと思うんです。行動しないと始まらない。年は取るし時間は流れる。どんな選択肢を選んでも後悔はするんだろうから前向きにやることやって仕方ないなって後悔したいものです。

しんどい道のりではありましたし、もう一度同じ道のりを歩きたいとは思いませんがとても楽しい道のりではありました。

少しでも一緒の道のりを歩いてくれた方々、これからも一緒に歩いてくれる方々に心から感謝です。十周年を意識しないと言えばそんなことはないんですが焦らずにいきたいものです。

ということで今夜の晩餐会が楽しみです。6/11はなごろむだー。こちらもどうぞよろしくお願いします。