飲食店のルール

飲食店に行くということっていろんなことを求めてる。

食事、休憩、会話、癒しなどなど。

だからただただ食事を出す店なら早い、安い、美味いのバランスが大事になる。

今日行ったところはオシャレなビルの中にある有名ブランドが経営するカフェ。

だからヘルシーな内容となってる。

それはいい。別にいい。

ご飯を食べる人は好きなメニューをいくつか選べるようになってる。

それもいい。別にいい。

しかしお茶だけしたい人もそのご飯を選ぶ人の後ろに並べというシステムが理解出来ん。

お茶だけの人はいらんということか?

お茶だけの人にはお茶だけの理由があると思う。

食事を済ませてきてたり、オシャレなところで休憩がてらにと、なのに一律に並べという。

席についてオーダーを取りにくるわけでもない。レジでオーダーして自分で運ぶシステムでご飯を食べるつもりのない人にとってはなんて不親切な店だろうと、どんなに見た目が良くたって中身が悪過ぎやしないか?と注文することなく帰ってきた。

しかもこれ2回目。

以前はご飯の列が長く、みんな選んでいる途中だったので先にレジに行ったのだが並べと押し戻されたので諦めて帰り、今回は人が少なくレジまで時間がかかりそうだったので先にレジへ行ったのだが『オーダーされるのですか?』といったレジに並んでる人に対してバカにしたような頭の悪い質問をされ、追いついたご飯を頼んでた人を先にレジを通すといった行動に出られたのでやはり帰ってきてしまった。

飲食店にはいろんなところがある。

おそらくここはご飯だろうがカフェだけであろうが一列に並ばせないと気が済まない店なのだろう。

そしてそれで客が入ってるんだから成立してるんだろうね。

俺には合わなかった。

それだけなのだろう。

腹立たしいが仕方ない